本のプロモーション

本の出版販促と市場


出版不況と言われています。
本当に不況なのでしょうか。
編集者の力量で販促の方法が変わります。
販促をしっかりとしておけば、本の出版はある程度成功します。
もちろん、ベストセラーまでは無理かもしれませんが、ある程度販売実績を上げることができれば、成功と呼べるでしょう。
活字離れと言われてから久しいのですが、電子書籍などが定着することで実際には本を読んでいる人は増加していると言われています。
紙媒体だけではなく電子書籍も視野に入れる必要があるのです。
町の本屋さんは売れ行きが落ちても、電子書籍業界は売り上げが伸びているのです。
あなたはどのような本の出版を考えていますか。
自費出版ではなく出版社の企画に応募しましょう。
そのためには自分が書ける題材を用意しておきましょう。
たくさんの本の出版を考えるのは無理ですから、一つに絞り込みましょう。
消費者の書籍に対する購買行動が多様化していると言われています。
本を購入数方法がたくさんあるからです。
書店に行かなくてもアマゾンのような通販サイトですぐに本を購入できます。
書店の存在意義が問われる時代となったのです。
それを出版不況と勘違いしている人たちがいます。
自分たちの努力を怠っているだけで、周りのせいにしているのです。
販促も同じです。
消費者にどのようにアピールすればいいかを考えなければ販促で成功することはできません。
販促はマニュアル通りにしても、必ず効果が得られるわけではありません。
posted by 出版実現コンサルタント@山田 at | 本の出版 販促 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113595101

この記事へのトラックバック