本のプロモーション

本の出版を考える


本の出版を考えるようになった理由は何でしょうか。
自社の宣伝のために本の出版を考える経営者も少なくありません。
出版社の編集者と企画を練って、販促の方法を考えることが必要です。
まずは、本の出版の目的を明確にしてください。
文学書を出版するわけではなく実用書ですから、多くの人に納得してもらえるような内容にしなければなりません。
文章力も必要ですが、テンポも考慮してください。
現代の編集者は基本的なことはよくわかっています。
あなたが書く内容が他の人にとってどのくらい魅力的かを考えてみましょう。
感動を与える必要はありません。
役に立つ本を出す方法を考えるのです。
販促は売れない本を売れるようにするのではなく、売れる本の出版を考えると言うことです。
他の人が書いた本との差別化が必要です。
企画書を書いてみませんか。
もちろん完璧な企画書でなくてもいいです。
どのような考えで本を出すのかと言うことを明確にするのです。
出版社がすぐに話に乗ってくるわけではありません。
いろいろな本を手に取ってみましょう。
どのような工夫がなされているかチェックするのです。
本のタイトル、装丁、価格などいろいろな観点から販促のヒントをつかむことが大切です。
自分にしか書けない内容であれば、それを魅力的にするための方法を考えるのです。
編集者は低価格で質の高い本の出版を手助けしてくれます。
編集者もできることならベストセラーにしたいと持っているはずです。
あなたの自己満足で終わらせることは両社にとって不本意なことでしょう。
posted by 出版実現コンサルタント@山田 at | 本の出版 販促 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113595099

この記事へのトラックバック