本のプロモーション

おすすめの本の出版販促


おすすめの本の出版方法を考えてみましょう。
もちろん、本の出版方法を聞いただけで誰でもベストセラーが書けるわけではありません。
本の出版の後には販促が待っています。
販促も出版した後で考えるのではなく、企画段階から考えておかなければなりません。
企画がしっかりしておかなければいけません。
本を書くあなたが企画まですべて考えることもできますが、企画の素案レベルだけでも十分です。
後は出版担当の編集者と共同で考えていくのです。
編集者はベストセラーとなるポイントを知っており、できるだけ多くの人に読んでもらえるような本作りを手伝ってくれます。
本の出版の方法としては自費出版が一番確実ですが、それは自己満足の域を出ません。
売れなくてもいいと思っているならば販促など意味がありません。
しかし、本の出版を考えるなら、販促を積極的に考えましょう。
企画段階で考える販促は他社の本と比較することが重要です。
似たような本が既にあるのであれば、企画として不十分です。
自分の本が面白いと思わせるための魅力がなければなりません。
本の出版は文学的な才能が必要だと思う人もいるかもしれませんが、現代における本の出版では実用書の方が圧倒的に多いのです。
自分の企業を題材とした本も少なくありません。
自分たちが精魂込めて行っている仕事を本にして、それを多くの人が読んでくれればそれだけでPR効果は予想以上となるでしょう。
もちろん、本としての魅力も必要です。
posted by 出版実現コンサルタント@山田 at | 本の出版 販促 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113595098

この記事へのトラックバック