本のプロモーション

本の出版販促の方法


これから本の出版を考えている人は、本の内容だけではなく販促の方法を知っておかなければなりません。
本を出版するだけで満足するのではなく、多くの人に読んでもらうことが望みだと思います。
単に店頭に並べるだけではなく様々な販促の方法があります。
現代においては、本の出版は個人レベルのことでなく、一つのビジネスとして成立しています。
その方法は出版社に依存するのではなく出版を企画する企業が積極的に販促を行っています。
本が売れることで企業の知名度も上がり、本の出版の依頼が増えるからです。
本屋さんで本を手に取る場合、どのような理由があるのでしょうか。
それを考えることが販促のヒントとなります。
一つは装丁です。
本のデザインが良ければ、人目に付きやすくなります。
ただ、本を書こうとしている人がデザインまで考えるのは無理があります。
そこで専門のデザイナーに依頼することになります。
もちろん、出版を企画する企業がデザイナーを紹介してくれます。
また、企業内にデザインのスタッフがいるのです。
現代人の活字離れが進んでいると言われていますが、実際には本の出版は増えています。
ただ、競争率が高くなっていますから、工夫をしなければ販促は思うようにいきません。
ベストセラーと言われる本は普通の本とどこが違うのでしょうか。
いくつものベストセラーを手掛けてきた編集者は企画の方法が違うのです。
本の内容、タイトル、文章の書き方まで、的確なアドバイスをくれるでしょう。
posted by 出版実現コンサルタント@山田 at | 本の出版 販促 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113595097

この記事へのトラックバック